糖質制限で効果が出ない!なぜ?

   

糖質制限をすると水分を失う それだけ?

パン、御飯、パスタなどを控え、糖質制限をすると、最初の1週間で簡単に数キロ体重が落ちます。実はこの落ちた体重は脂肪が燃えたからではなく、体内の水分を失ったために起きた現象に過ぎないのです。肝臓や筋肉に貯蔵した糖質(グリコーゲン)は水分を引き付ける性質がありますから、糖質制限をして、貯蔵されたグリコーゲンを消耗すると、くっついていた水分が体から放出されるのです。

1グラムのグリコーゲンに対して3から4グラムの水分がくっついていますから、体内で貯蔵できるグリコーゲンの量が約500gほどですので、グリコーゲン500g+水分2000gとして、約2.5Kgの体重が減少することになります。

体の各臓器が健全に機能し、ホルモンのバランスが良い状態であれば、貯蔵された糖質が底をついた後、脂肪を燃焼することが出来るのですが、生活習慣の乱れから臓器機能が低下し、ホルモンバランスが乱れていると、脂肪を効果的に燃焼することはできません。

糖質制限をしても、脂肪燃焼が起きない場合は、1週間ほどで水分を失った分だけ体重が落ちて、その後はピタリと体重減少が止まります。また残念なことに、糖質制限をやめると、即座にグリコーゲンを肝臓や筋肉に貯蔵し始め、同時に水分もくっついてきますから、落ちた体重は数日で元に戻ってしまいます。

糖質制限で成功する人は健康な人だけ!

貯蔵された糖質が底をついた後、脂肪を燃焼するためには、体が健康であることが必須条件です。不健康な人がダイエットを行っても落とせる体重は、水分の重さだけです。本気で体重を落としたいなら、本気で体を健康な状態に戻さなくてはいけません。健康になるまでは思うように脂肪を燃焼し、体重を落とすことはできません。健康を取り戻すために必要な期間は、個人によって違います。その期間は体重はあまり変わらないものの、健康回復に取り組めば、朝の目覚めもよくなり、元気になります。また、髪の毛のツヤや肌の調子もよくなり、気分がかなり改善してくるはずです。体の準備ができた後は、脂肪燃焼が速やかに行えるようになり、理想の体型を取り戻すことが容易になります。

「痩せて健康になる」は非現実的で、痩せたとしてもすぐにリバウンドします。

唯一の正しい方法は

「健康になって、痩せる」なのです。

健康になるための基本生活習慣術が無料E-Bookになりました

健康になるために5つの鍵を無料E-Bookにまとめました。是非参考にしてください!

ダウンロードはこちらから

 - ダイエット