万病の原因:ストレス 

   

1900 年代半ばにハンガリー出身の生理学者ハンスセリエが病気の原因はストレスであると説明しています。ストレスといえば一般的には精神的なストレスのことを連想するかもしれませんが、実際にはストレスは3つの種類に分類することが出来ます。 

  • 精神的ストレス 
  • 肉体的ストレス 
  • 栄養的/ケミカル的ストレス。 

ちなみにD.D.パーマーは1900年代初頭すでこの3種類を 

  • Thought/Autosuggestion (精神的要因) 
  • Trauma(怪我などによる外的要因) 
  • Toxins(体の中に入る物質、つまり食事や化学物質のことを指す) 

と説明しています。呼び方は違いますが、基本的には同じことを言っています。 

全ての病気や症状はストレスによって引き起こされます。個々が受けているストレスは肉体的、精神的、または栄養/ケミカル的なストレス、もしくはそれらのコンビネーションである可能性もあります。 

いずれにせよ、これらの3つのストレスの全体量が個人のストレスに対応する能力を上回った状態が長期的に続く場合、もしくは非常に強いストレスを短期間でも被ることによって、身体の臓器や組織が疲弊し、その過程で症状(警告サイン)が出現します。その状態を放置しておくことによって、やがて病気になっていくのです 

どの時代に生きていたとしても、ストレスは存在しますし、現代人も例外ではありません。 

しかし、100年前と現在ではストレスの種類が変わってきていることに注目する必要があるのです。現代人精神的や肉体的ストレスは十分に存在しますしかし、時代によっても状況は異なるとは思いますが、冷暖房は完備され、生活保護、失業手当、年金制度がある近代日本において、精神的、肉体的ストレスが過去と比べて、特別突出して増加しているとは考えにくいのではないでしょうか? 

では今と昔では何が違うのでしょうか? 

近代化する前の日本の住居環境、衛生状態は今とは比較にならないほど悪かったため、主な死亡原因は結核、肺炎、胃腸炎といった感染症でした。 

戦後住居環境や衛生状態が改善され、また抗生剤などの薬が使われるようになり、感染で命を落とす人の数は激減しま 

一方で、1957年ごろからがん、脳血管疾患、心臓疾患が3大成人病と称されるようになり、日本人の死亡原因は大きく変化しました。これらの病気は、糖尿病、高血圧、高脂血症なども含め「生活習慣病」と呼ばれるようになります。 

この背景には日本における食文化と生活環境が戦後大きく変化したことと深くかかわりがあります。 

便利さと効率性を追い求める現代社会は一見飽食の時代のように見えますが、実際は食品の質が低下し、必要な栄養素を満たすことが困難になるどころか、農薬、化学調味料、添加物が山のように含まれるようになっています。周りの環境も衛生状態は改善されたものの、様々な化学物質で汚染されています。このような時代の流れとともに、現代日本人が患う病気や症状も大きく変化しました。いまでは生活習慣病に加え、花粉症、アトピー、食物アレルギー、喘息といったアレルギーに関する問題、過敏性腸症候群、クローン病、潰瘍性大腸炎などの胃腸病や自己免疫疾患、鬱、不安障害などの精神的疾患、さらに自閉症、アスペルガーなどの発達障害など100年前はほぼ皆無であったような問題が当たり前のように存在します。 

これらの問題を遺伝子で説明しようとしても、遺伝子が100年くらいの単位で変化することは考えにくく(実際変わっていない!)、唯一劇的に変化した要因である、食生活を含む生活習慣がこれらの健康問題を作り上げることに寄与していること疑いの余地ありません。つまり、栄養/ケミカル的ストレスが増大し、全体的なストレス量を大幅に増やしてしまっているのです。 

アメリカではデトックス(解毒)栄養指導を行うカイロプラクターが年々増えています。これは必然的に起きている現象であるとわたしは考えています。なぜなら現代人の訴える様々な不調を改善するうえで、多くのケースは解毒や栄養的サポートがなければ、速やかに改善することが出来なくなってきているからです。 

私がクリニックで診させていただいている患者さんも例外ではなく、栄養的/ケミカル的ストレスを抱えておられます。近頃は日本に住んでおられる方をオンラインで治療させていただくことも増えていますが、日本人の栄養状態は決して良いものではなく、特にたんぱく質や必須脂肪酸の不足と砂糖の過剰摂取は多くの方の健康状態を低下させる原因となっています。 

 

 

 

 

 - 未分類